申請実績豊富で包括申請に強い事務所

Q&A

国交省発表内容を元にしています。

Q 許可が必要な無人航空機ってなに?飛行場所もわからない!

A: 本体+バッテリーの重量が200グラム以上あるドローン(無人航空機)が該当します。飛行場所も屋外であれば、殆どが規制対象と考えるのが無難だと思います。室内での飛行に制限はありません。

Q 許可に必要な内容は?

A: 国交省の指定する様式に、国交省の指定する内容を正確に記載する必要があります。フライト計画に沿った飛行マニュアルも必要になります。国交省にて記載例が載っていますが、飛行内容によって記載内容が増えたり、逆に必要のないページがあったりと様々です。また、マニュアルのページ数も多く、1か所を修正すれば、他も修正しなければならない場合も多く煩雑です。

Q 許可を取得したら飛ばせるの?

A: 飛行許可を取得しても、飛行場所によっては管理者の承諾が必要になります。また、公園等は条例で飛行禁止区域に指定されている場合がありますので、必ず施設管理者と打ち合せをする必要があります。

Q 施設管理者って誰?

A: 一概に誰と特定は難しいですが、公園等であれば公園を管轄している市町村か委託者になります。飛行前に、施設の管理者が誰になるのか確認をしてください。

Q 勝手に飛ばすとどうなる?

A: 言うまでも無く法律違反です。罰則50万円以下も定められていますし、条例違反にも該当する可能性もあります。併科も可能になる場合がありますので絶対に自分勝手の飛行はやめましょう。

Q 許可証の写しを交付されたが飛ばせるの?

A: 許可証の写しを携帯することで飛行が可能です。原本が届くまで写しを携帯してください。

 

お気軽にお問い合わせください TEL 0120-131-339 受付時間 9:00 - 18:00 時間外でも対応しています。

当事務所最新情報

3月19日 ご対応時間変更のお知らせ

3月19日お電話によるご対応時間変更のお知らせ いつも当事務所をご利用いただきありがとうございます。 3月19日(月曜日)は、北海道行政書士会札幌支部の研修 「みんながありのまま自分らしく輝くために~性的マイノリティと人 …

電話対応時間変更日のお知らせ。

いつも当事務所をご利用いただきありがとうございます。 下記日程にてお電話の対応時間を変更させていただきます。 お急ぎのお客様には、大変ご迷惑をお掛けしますが、何卒ご了承をお願い申し上げます。 記 平成30年1月12日 北 …

年末年始のお問い合わせについて

年末年始の営業日 12月30日より1月4日までお休みとなります。 1月5日より通常営業です。 お問い合わせについて 【お電話によるお問い合わせ】 12月30日:通常営業時間と同じく対応が可能です。 12月31日~2日:完 …

Facebook

PAGETOP
Copyright © 行政書士 堀田崇二事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.